通勤ファッションメンズ版|仕事のできるおしゃれサラリーマンの通勤服

おしゃれなメンズの通勤ファッション

あなたは通勤ファッションにどの程度気を遣っていますか?

年間の休日が100日あるサラリーマンであれば、1年の内の実に265日は通勤服に身を包みます。この265日という日数は、年間の約73%にあたります。

週末にファッションを楽しむのは自由でいいものですが、気になる同僚の女性やあなたを評価する会社の上司は、あなたの通勤ファッションを目にすることの方が圧倒的に多いのです。

ファッションは人のイメージを大きく左右します。ファッションを変えるだけでモテないメンズがカッコよく見えたり、新人サラリーマンなのに仕事ができるメンズに見えたりすることがあります。

通勤ファッションが今ひとつオシャレでなかったメンズがオシャレな通勤服で通勤するだけで、職場でのイメージや同僚との恋の行方は大きく変わってくるのです。

仕事ができるサラリーマンほど、通勤ファッションに気を遣っているメンズは確実に多くなります。

そこで、オシャレで仕事のできるメンズたちの通勤ファッションのスナップを集めてみました。通勤ファッションに悩んでいるメンズは、とりあえず彼らの真似をするところから始めてみましょう。

オシャレな通勤ファッションのスナップを元に、どのような点に気を付けて通勤服を選べばいいのかも解説しているので参考にしてみてください。


春夏のメンズ通勤ファッション


春夏は上がジャケットに下がパンツというベーシックな通勤ファッションが基本となるシーズンですね。

セットアップのスーツでオシャレに見せようと思ったら、素材が良いものやシルエットが綺麗な"高いスーツ"が必要になります。

高級なスーツを必要としないオシャレなメンズの通勤ファッションであれば、やはりジャケパンがおすすめです。

メンズのジャケパンの着こなしの基本はトップスとボトムスで色をかえてあげることです。失敗しない色の選択としては、ブラック、ネイビー、グレー、この3色による組み合わせです。






トップスにグレーを選択したらボトムスはブラックかネイビー、トップスにネイビーを選択したらボトムスはブラックかグレー、シンプルな考え方ですがこれがメンズのジャケパンコーディネートの基本となります。

通勤ファッションがある程度自由な企業にお勤めのメンズなら、もう一歩踏み込んで素材も上下でかえてあげるとよりオシャレな通勤ファッションになります。

例えば上のメンズの写真であればボトムスはシンプルなブラックのスーツパンツ、対してトップスには柔らかいコットン素材のジャケットをチョイスしています。上下の素材感が違ってくると、よりオシャレな通勤ファッションにかわります。

そして下のメンズの写真も実は、さりげない素材のギャップを取り入れている通勤ファッションです。ボトムスはキメの細かいスーツパンツですが、トップスのジャケットはキメが粗めのハケ目調のジャケットを選んでいます。

あまりくだけた通勤ファッションはできないというメンズであっても、ジャケットにちょっと織り目が粗いアイテムを選んであげるだけで一層小洒落た通勤ファッションになります。

逆に通勤ファッションに制限のない企業に勤めるメンズであれば、ボトムスに細身のチノパンを持ってくるのもアリです。




チノパンに紺のジャケット、ネクタイにはインパクトのあるレッドを選んだ少し難易度の高い技あり通勤ファッションです。

通勤ファッションでチノパンを選ぶにあたって気を付けておきたいポイントは、パンツのラインです。

絶対に避けたいのはゆったりしたラインのもの、ゆったりしたチノパンでジャケットを羽織るとかなりカジュアルなファッションになります。

少しラインが太いチノパンを選ぶだけで、カジュアル過ぎて品のない通勤ファッションなってしまいます。通勤ファッションでチノパンをはくときには、スーツのパンツよりも少し細めを意識しておきましょう。


ジャケパンの通勤ファッションは色々着まわしができるので、慣れてくると非常に便利で楽しくなります。

少し肌寒い日にはジャケットの下にカーディガンを着るなどして温度調整するのもいいでしょう。





夏の通勤ファッションに関してはここ数年でクールビズが定着してきたことにより、ジャケットを着るメンズはかなり少なくなりました。

意外に難しいのがこのクールビズでの通勤ファッションで、オシャレのポイントを知らないとおじさんぽくなってしまいがちです。そうならないためにも、まず押さえておきたいポイントはネクタイ選びです。

クールビズの通勤ファッションではカッターシャツとパンツだけのシンプルなコーディネートになりがちなので、ネクタイに少しインパクトのあるデザインのものを選ぶと良いです。

インパクトのあるデザインで最近流行りのネクタイと言えば、下のメンズがしているようなニットタイですね。




ニット素材が柔らかい雰囲気を醸し出し、女性にとても人気のあるネクタイです。仕事終わりは気になる同期と食事…なんて言うときにはニットタイで通勤しましょう。

通勤ファッションが比較的自由な企業であれば、カッターシャツのデザインで遊んでみるのもいいですね。

デザインシャツといったら、女の子からの支持率が高いチェックシャツは通勤ファッションには外せません。




オールチェックのシャツよりも、通勤ファッションであれば襟元だけは無地のものなんかを選ぶと良いです。

襟がシンプルな白になるだけでビジネスメンズになるので、通勤ファッションにも適したデザインのシャツです。

かなりカジュアルな通勤ファッションがOKなら、下のメンズのようにチノパンとコーディネートしてみてもオシャレです。




また、あまり派手なデザインのシャツは少し抵抗があるというメンズであれば、カラーシャツで通勤ファッションをコーディネートしてみるのもいいでしょう。

通勤ファッションにオススメのカラーは淡いピンク、ブルー系は面白みに欠けるし、グリーンなんかだとカジュアル感が強すぎます。




淡いピンクはほどよくカジュアルほどよくフォーマル、さらには女性からのウケもいい、通勤ファッションにちょうどいいカラーシャツです。

デザインシャツもカラーシャツも通勤服としては禁じられているというメンズであれば、ボタンダウン(襟にボタンがついているもの)のシャツなどで細かいオシャレをしてみましょう。




クールビズの通勤ファッションはシンプルだからこそ、ちょっとした細かいオシャレが際立ちます。

どこか一つだけデザイン性のあるものを取り入れるだけで、シンプルな通勤服もかっこいい通勤ファッションにかわります。



秋冬のメンズ通勤ファッション


秋冬のメンズの通勤ファッションは重ね着が多くなりますから、春夏よりも着こなしの幅が広がります。

秋冬の定番コーディネートの中でも、メンズの通勤ファッションにも必ず取り入れたいものと言えばニットでしょう。




ネイビーのニットの下に白シャツ、メンズらしくて定番の通勤ファッションコーディネートです。

かっちりしたイメージの通勤ファッションでいくならネイビーやブラックのニットを選ぶのも正解ですが、ニットは1番"色遊び"がしやすいところです。

大胆に赤や緑の原色系でもいいし、存在感のあるオフホワイトのニットも通勤ファッションにはおすすめのアイテムです。








シンプルにオフホワイトのニットを選択するなら、中のシャツはさらにデザイン性の高いものを着てみるのもいいでしょう。




ジャケットの濃紺にチェックシャツのブルー、ボトムスはベージュのパンツに足元はキャメルブラウンと上下共にグラデーションを使ったコーディネートです。

そこにビビッドなグリーンのタイを少しのぞかせてあげる、技ありのメンズ通勤ファッションです。

通勤ファッションのニットは遊びを取り入れやすいので、柄物のニットにもチャレンジしてみましょう。




今日は1日オフィス内勤務、そんな日にはジャケットなしでニットの上にコートだけ羽織って通勤するのもかっこいいですね。






上のメンズのような赤とブラウンのカラーコーディネートは同色系になるので、相性がいい色合わせになります。



真冬になるとコートは通勤ファッションの必須アイテムになります。

トレンチコートを着ているメンズは少しキザに見えるので、ピーコートやチェスターコートの方が女の子からの人気は高いです。








自転車での通勤であればダウンジャケットもアウターに使えますが、職場での自己ブランディングを考えるのであれば、やはりスマートなイメージのあるコートの方がオススメです。




まとめ

職場の女性はメンズよりも遥かに相手の通勤ファッションを見ています。アイテム選びや全体のバランスや色合わせ、器用にこなすメンズは仕事においても期待値は上がります。通勤ファッションを今よりも1段階レベルアップさせることは、職場でのあなた自身のブランディングに繋がるのです。デキるメンズたちの通勤ファッションを参考にして、明日から早速職場でのブランディングを始めてみましょう。
スポンサーリンク