結婚式の服装|男が知っておくべき結婚式・二次会での服装とマナー

結婚式での服装とマナー

結婚式に出席する時、マナーを守った正しい服装はできていますか?結婚式ではどのような関係で出席するのかによって、相応しい服装は変わってきます。

女の人はドレスや着物と種類もあるので悩む方が多いですが、実は男も結婚式での服装にはしっかりとしたマナーがあります。

あまりマナーを分かっていない服装で結婚式に出席すると、友達の中でちょっと恥ずかしい思いをしてしまったり、上司からの信頼を損ねる可能性だってあります。

そこで、結婚式にあまり出たことがなくてどういう服装で行けばいいのか分からないという男の人のために、結婚式における服装のコーディネートについて解説していきます。

結婚式の服装のマナーやコーディネートを把握しておくことで、結婚式で浮かずに済むだけではなく、さりげないおしゃれができる男として女性から注目してもらえるかもしれませんね。


正装指数100%!ブラック&ホワイト


最近どんどんカジュアル化してきている結婚式事情、友人の結婚式であれば男の服装も昔に比べてかなり自由になりました。

しかし兄弟姉妹や親戚の結婚式は別、親族として結婚式に出席する男が服装において最も気にかけるべきことはやはりマナーでしょう。

結婚式で親族としてきっちりとした服装をしたいということであれば、以下の点に気をつけておくといいでしょう。


カラーはブラック&ホワイトが基本

出典:men'snonno

親族の結婚式でしっかりとマナーを守りたいということなら、男の人の服装の色合わせはブラックとホワイトが基本になります。

黒のスーツにシャツは白、ただしネクタイだけは結婚式らしく華やかさをプラスさせてくれるグレーがいいでしょう。

ちょっとオシャレな服装にしたいということなら、色以外の部分で遊んでみるのがおすすめです。

例えば襟の部分にボタンが付いたボタンダウンのシャツを着るとか、グレーのネクタイを少し細めのナロータイにしてみたりですね。

スーツが黒でシャツが白であれば、細かいデザインで少しオシャレ感を出すのは親族の結婚式であっても全く問題ありません。


靴は黒のストレートチップ

親族の結婚式に出る男の人が服装においてもう一つ気をつけておきたいことは靴選びです。

マナーをちゃんと知っている男の人がフォーマルな服装の足元に選ぶのは黒のストレートチップです。

ストレートチップとは、革靴の指の付け根がくるあたりに横一文字の縫い目が入っているものをいいます。

出典:men'snonno

黒のストレートチップは冠婚葬祭において最もフォーマルな男の革靴です。

親族の結婚式で服装のマナーをしっかりと遵守したいということであれば、男の人の足元は黒のストレートチップの革靴が正解となります。

さらに徹底的にマナーを守るのであれば、外羽根ではなく内羽根の革靴を選ぶと良いです。

出典:allabout

※上が外羽根、下が内羽根



正装指数80%!お堅い親族はイヤ!


親族の結婚式なんだけどホテルやちゃんとした式場の結婚式じゃないし…形式ばった服装で他の参列者からお堅い親族だと思われたくないなぁ…そんな男性もいらっしゃることでしょう。

親族の結婚式だからといって男は絶対黒のスーツ!というわけではありません。

親族だけどちょっとカジュアルな結婚式だから少し華やかな服装をしたい、反対に、会社の同僚の結婚式だけど、堅い会社なのできっちりとした服装で参列したい、そんな男の人には以下のような服装がおすすめです。


スーツは濃紺かダークグレー

黒は冠婚葬祭において最もフォーマルなカラーになり、それは結婚式でも同じことが言えます。

親族の結婚式でも少しだけ着崩した服装をするなら、スーツの色は濃紺かダークグレーがおすすめです。

明るい色を選ぶと途端にカジュアル感が強い服装になるのでやはり親族の結婚式ではダークトーンを選ぶようにしましょう。

しかしシャツはやはりここでもホワイト、デザインに関してはボタンダウンや太めのステッチなど、結婚式であっても細かいものなら問題ありません。

ネクタイは無地で薄めの色であれば、白とグレー以外でも構いません。薄いピンクや淡いパープルなんかをしている男の人は好感度が高いのでオススメです。


黒の革靴でさえあれば…

結婚式の男の服装でのフォーマルシューズというと、黒の革靴で紐が付いているものが基本になります。

革靴のタイプは大きく分けると4種類、左上の写真から時計回りにストレートチップ、プレーントゥ、ウィングチップ、Uチップとなります。



出典:naverまとめ

親族でもややカジュアルな結婚式なら、色が黒でさえあればどのタイプを選んだとしても問題ないでしょう。

しかしブラウンの革靴を履いて親族の結婚式に行く場合は、ストレートチップの革靴にしておきましょう。

ブラウンにも色々ありますが親族の結婚式となると、キャメルやマロン系の色は避けて濃い目のブラウンを履くようにしましょう。


正装指数60%!友達や同僚の結婚式


結婚式というものは本来一族が友人や同僚達を招くという考え方です。よって友人や同僚達は招待客という立場になるので 、親族ほど堅い服装で結婚式に参列する必要はありません。

ホテルや普通の結婚式場で行われる男友達の結婚式や会社の同期の結婚式ということなら、以下の点にだけ気をつけておきましょう。


スーツは上下セットアップ

結婚式ではほぼ当たり前のことにはなりますが、スーツは必ず上下セットアップのものを選びましょう。セットアップでさえあれば、色はライトグレーでもネイビーのストライプでもOKです。

男の人のスーツのトレンドとしては、やはりタイトなシルエットのスーツ、ストライプよりも無地のものがおすすめです。


シャツは白、ネクタイは派手に!

出典:みんなのウェディング

友人の結婚式であっても、やはり男の人がスーツの下に着るシャツはホワイトがおすすめです。

カジュアルダウンした服装が好みの男の人なら、ステッチに色が付いているシャツやカフスシャツで着崩してみましょう。

さらにもう少しカジュアルな服装にしたいということなら、さりげないストライプなど多少デザインの入ったシャツでもいいでしょう。

ただしかなりデザインの凝ったシャツを着るときには、結婚式場ではジャケットは脱がない前提で考えておきましょう。

ネクタイに関しては、シャツがホワイトベースなら自由に考えて問題ありません。

原色のパープルや大きめドットのネクタイなんかもいいでしょう。

ただし暗い色のネクタイは結婚式というよりも謝罪や哀しみを意味するのでタブーです。

革靴に関しても男の友人として結婚式に出席するのであればかなり自由に選択できます。

色は特に気にしなくてもいいし、Uチップやウィングチップの靴を履いても構いません。

ただしスウェードの靴だったりネイビーの革靴だったり、あまりにもカジュアルすぎる靴はやはり結婚式では避けておくのが無難です。


正装指数40%!友達のカジュアル結婚式


最近は結婚式のかたちも色々です。レストランウェディングやハウスウェディングなど、カジュアルな結婚式が増えました。

そのような形式にこだわらない結婚式であれば、男の人もカジュアルな服装で出席してもOKです。


ジャケパンで結婚式

結婚式において男の服装は基本スーツが当たり前ですが、最近の結婚式ではジャケパンの男の人も見かけるようになりました。

親族の参列者が少ないとか、会場がカジュアルパーティー向けの結婚式場ということであれば、ジャケパンのような服装で結婚式に行くのもアリです。

ただし色合わせだけはできるだけ落ち着いた雰囲気になるようにアイテムをチョイスしましょう。

基本的には結婚式であればグレーやネイビーを組み合わせて考えるといいと思います。


シャツやネクタイはファッショナブルに

出典:UNITEDARROWS

カジュアルな結婚式でジャケパンのような服装で行くのであれば、シャツは白にこだわる必要はありません。薄いピンクやギンガムチェックなど、ジャケットに合わせてコーディネートしましょう。

しかしスーツで参列するのなら、やはりシャツは白系がおすすめです。服装のマナーとしては色物でも問題ありませんが、スーツの中に下手に色物シャツを着ると、水商売の男のような服装になってしまいます。

これはかなり女性参列者からの評判が悪い服装になるので避けたほうが無難です。

その反面ネクタイにはとことん個性を出して、黒系でさえなければ自由に選択してみるといいです。

より華やかにパーティー感のある服装が好みであれば、ボウタイ(蝶ネクタイ)やスカーフをしてみるのもいいですね。


番外編 二次会での服装


結婚式の二次会では披露宴の服装に比べると、かなりカジュアルでラフな服装でOKです。

二次会は基本的に親族が参加しないものなので言ってしまえば友達同士でのパーティー、服装のマナーは結婚式ほど気にしなくて問題ありません。

参加者の服装はスーツの男の人が多くはなりますが、ジャケパンのようなラフな服装で参加する男の人もたくさんいらっしゃいます。

夏の暑い時期の二次会であれば、クロップド丈(7分〜9分丈)のスーツパンツの男の人もいらっしゃいます。

男の人は襟付きでジャケットがあって足元が革靴であれば、あとは自由に服装を選んでも心配ないでしょう。

しかし時折完全に私服で二次会に参加する男の人を見かけることがありますが、やはりこれはマナー違反になるのでやめておきましょう。


まとめ

結婚式はフォーマルな場であると同時に新たな出会いの場でもあります。初対面の人に好印象を抱いてもらえるかはあなたのビジュアル次第。結婚式でのコーディネートを学んでおしゃれな男性を目指しましょう。
スポンサーリンク