30代メンズ財布|大人メンズに人気でおすすめの財布一覧

30代メンズ向けおすすめ財布

30代のメンズはどんな財布を持てばいいんだろう…?どのブランドの財布がおしゃれなのかが分からない…ファッションに強いこだわりがなかったりすると、財布選びって難しいですよね。

この項目ではファッション業界のスタッフがそんな30代メンズにおすすめの財布を紹介しています。

30代のメンズらしいそこそこの値段の財布であればどこでもいいんだけど、ダサいメンズだとは思われたくない!そうお悩みのメンズはたくさんいらっしゃることでしょう。

身だしなみに気を遣っているあなたの上司や女の子は、あなたがスーツの内ポケットから取り出す財布を見ています。財布は働く30代メンズの看板とも言える重要なファッションアイテムです。

30代になったらどんな財布を持てばいいのか分からない!そんなメンズは是非以下のファッション業界スタッフが教える"財布選びのポイント"を参考にしてみてください。

 


ブランドを選ぶ

おしゃれな30代の大人メンズになるために、財布選びでまず考えたいのはどのブランドの財布にするのかということです。

ブランドにはそれぞれブランドイメージというものがあります。30代のメンズがディーゼルの財布を使っていると、上司は『あいつはまだ若い』と判断し、女の子は『あまり大人っぽい男性じゃないな…』と考えます。

本人が特にどこの財布なのかこだわっていなくても、周囲はどのブランドの財布を持っているかで自ずとあなたのイメージを決めています。

そこで、30代のメンズに相応しいおしゃれでおすすめの財布ブランドをピックアップしてみました。


高級志向の30代メンズ向けハイブランド

Bottega Veneta (ボッテガベネッタ)


財布は働く30代メンズのステータス、やはり財布はハイブランドを持ちたい!そう考えているメンズも少なくはないでしょう。

しかしハイブランドの財布は一つ間違えるとただのお金持ち自慢のダサいメンズになりがちです。実はハイブランドの財布こそブランド選びが最重要です。

ボッテガベネッタは編み込みレザーが人気のイタリア製革ブランドです。ハイブランドの中では今最もおしゃれな業界人メンズに支持されているブランドです。

ここ数年で日本での人気が急上昇、ベタな高級財布は嫌という30代メンズにおすすめの財布です。

 


LOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)







メンズ向けのハイブランドの財布と言えばルイ・ヴィトンは外せません。

常にファッションシーンの最前線を走り続け、今なおおしゃれな大人メンズに愛され続けているイタリアンブランドです。

財布のラインナップは大きく分けて3種類、写真の1番上からタイガ、エピ、ダミエになります。

ダミエは少し若いデザインで学生のメンズでも持っている印象が強いので、大人の30代メンズはタイガかエピの財布を選びましょう。

 


PRADA(プラダ)

ルイ・ヴィトンと同じく財布の高級ブランドとして、衰えることなく長年おしゃれな30代メンズに愛され続けているブランドです。

ロゴが真ん中に入っていたりデザインが凝っている財布はレディース色が強くなるので、30代メンズがプラダの財布を持つなら写真のサフィアーノのようにシンプルでロゴがさりげない財布がおすすめです。

三角ロゴが付いている財布はまずNGです。

 


ボチボチお値段ブランド

Felisi(フェリージ)


フェリージの財布は2000年代になってから一気に日本での人気に火が付きました。当初は京都の北山でしか買うことができないような財布でしたが、今では30代メンズに人気の各セレクトショップで購入することができます。

特にユナイテッドアローズはフェリージの財布の取り扱いが多いショップなので、色んなタイプの財布を探せます。

財布デザインの特徴としては、長財布で見てみると縦横の比率が他ブランドに比べてやや縦長、厚みも厚すぎない程度に設計されているスタイリッシュなデザインの財布です。綺麗めファッションを好む30代メンズにおすすめしたい財布です。

 


L'arcobaleno (ラルコバレーノ)


2008年に誕生したラルコバレーノは、財布・鞄を中心に生産しているイタリアメーカーです。

カラフルなレザーを使ったデザインの財布が特徴で、人とかぶるのが嫌いで人と違う財布を持ちたいというメンズに人気があります。

ブラックやブラウンなど定番カラーの財布も、中はブルーやオレンジだったりと遊び心のある財布です。

 


White house Cox (ホワイトハウスコックス)

今ファッション業界のメンズたちが最も注目している革財布の一つがホワイトハウスコックスの財布です。

イタリアやイングランドなどヨーロッパメーカーが多い革財布業界ですが、ホワイトハウスコックスは 純 made in U.S.Aの財布です。

全行程を革職人が手作業で行うこだわりの財布、革にこだわる30代メンズらしい財布です。

 


moto (モト )


ヨーロッパやアメリカなど海外製の財布がショップのラインナップの大半を占める中、モトは純日本製の革製品メーカーでここ最近徐々に注目され出しているブランドです。

それも誕生したのは鳥取県の米子、鳥取から始まり今では全国の大人メンズに人気のセレクトショップで取り扱われるほど成長しました。

地方メーカーの革製品がここまで全国で注目されることになったのは、良質でこだわりのあるもの作りを続けてきたからに他なりません。

革好きの30代大人メンズをもうならせる職人技の詰まった革財布は必見です。

 


IL BISONTE (イルビゾンテ)


イルビゾンテの財布は【ぼちぼちお値段ブランド】の中では少し安めの価格帯で、20代?30代前半のメンズに人気のある財布です。

柔らかいレザーを使った財布が多いのでポケットに入れた時にも邪魔にならず、鞄を持たない派のメンズには特におすすめの財布です。

ただしお値段的に若くてカジュアルなブランドになるので、ステータスを気にする30代メンズならもう少し高い財布を持つ方がいいでしょう。

 


aniary (アニアリ)


アニアリは1997年に誕生した日本のファクトリーブランド、30代メンズ向けファッション雑誌に積極的に広告出稿することで一気に知名度が上がりました。

フェリージの財布同様にやや薄くスタイリッシュなデザインの財布が多く、30代メンズのテーラードスタイルや綺麗めファッションに相性がいい財布です。

財布に使う金属や革にまで自社製品を使い、ジャパンブランドらしいこだわりのある財布です。良い物を追求する30代メンズにおすすめしたい財布ブランドの一つです。

 


倹約家メンズ向け ハイコスパブランド

PORTER (ポーター)

ポーターは日本が誇る1906年創業の鞄ブランド、学生から40代くらいのメンズにまで幅広く愛されています。

良い物には値段や年齢なんて関係ない、ポーターにはそう確信させてくれる商品力があります。

おしゃれな30代サラリーマンやファッション業界のメンズにもポーターの財布の愛用者は多く、その人気は衰えを知りません。

ただし定番のブラック×オレンジのデザインの財布は少し若い印象があるので、30代メンズはそれだけ避けておくようにしましょう。

 


TUMI (トゥミ)


ここ数年働く30代メンズの間で高い評価を得ているビジネスバッグ専門ブランドのトゥミ、機能性の高さと便利さから人気が定着しました。

大人のメンズの愛用ブランドというイメージが強いので、トゥミの財布を選択するのも一つです。

トゥミの最大の魅力は素材の丈夫さ、米国陸軍の防弾チョッキとして使われているナイロンと同じものを使用しているので非常に丈夫で長持ちです。

バッグは少し高価になりますが、財布に関してはリーズナブルで倹約家のメンズにも手が出しやすい価格です。

 


NGブランド

Paul Smith (ポールスミス)


メンズに非常に人気のあるポールスミスの財布ですが、実は30代のメンズが持つのはあまりおすすめではありません。

ポールスミスの人気が高いのは大学生から20代後半のメンズにかけて、高校生でもおしゃれでお金のあるメンズなら持っていることがあります。

30代の大人のメンズが持つにはちょっと若すぎてチープなイメージの財布です。

 


DIESEL (ディーゼル)


デニムが絶大な人気を誇るディーゼルですが、財布を含めたデニム以外のアイテムは少し若くてやんちゃなイメージのあるブランドです。

ショップスタッフはEXILE風の長身のメンズしか雇わないというように、ワイルドな20代メンズがターゲットのブランドになるので30代メンズの財布にはおすすめできません。

 


GUCCI (グッチ)


イタリアの老舗ハイブランドのグッチですが、偽物が多く出回り日本での人気は低迷しつつあります。

多くの学生が偽物のグッチの財布を手にするようになり、30代くらいのメンズには相応しいとは言えない財布になりました。

老舗ハイブランドの財布ならヴィトンかプラダの財布がおすすめです。

 


Orobianco (オロビアンコ)


数年前に各セレクトショップがこぞって取り扱いを始めたオロビアンコの財布ですが、最近ではおしゃれなメンズが持っているところは全く見かけなくなりました。

デニムブランドのトゥルーレリジョンのように、単発的に流行してすぐに低迷してしまうブランドはよくありますが、オロビアンコの財布にもややその気配を感じるところです。

おしゃれな30代を目指しているメンズには避けてもらいたい財布の一つです。

 


Dolce&Gabbana (ドルチェ&ガッバーナ)

本来はイタリアンハイブランドのドルチェ&ガッバーナですが、日本では夜の仕事のメンズに大人気のブランドでもあります。

スーツやネクタイなどフォーマルなアイテムならありですが、財布はギャル風のメンズにかなり人気があるので、30代のメンズが持つにはあまりいいイメージはありません。

 


財布のタイプを選ぶ

ここ数年財布のデザインも多様化して、二つ折りと長財布くらいしかなかった昔とは違い財布にもたくさんの選択肢ができました。

しかし選択肢があるからこそ迷いがあるし、失敗もあるものです。今30代のおしゃれに敏感なメンズはどのようなタイプの財布を選んでいるのかを紹介します。


ラウンドジップ





30代のメンズの財布の中身は現金だけではいけません。クレジットカードや領収書や会員証など、財布に入れて持ち歩くものはたくさんありますよね。

普通の財布に無理に押し込んで、財布がパンパンに膨れ上がっているメンズはスタイリッシュとは言えません。

持ち物が多い30代のメンズには、ぼってりしたラウンドジップタイプの財布がおすすめです。

フルサイズの長財布なのでキャパシティは最高クラス、ちょっとリッチな30代メンズに見えるのもいいところです。

 


三つ折り財布


ホワイトハウスコックスの三つ折り財布が爆発的人気を誇ったことで、メンズの財布としてすっかり定番型の仲間入りを果たしました。

二つ折りやスクエアタイプの財布よりも収容力が高く、それでいてポケットにも収まるサイズがちょうどいいと30代のメンズにも人気の財布です。

30代らしい大人っぽい財布を持ちたいけれど、大きすぎる長財布は苦手というメンズにおすすめのタイプです。

 


カードケース&コインケース


紙幣やカードを収納するカードケースと小銭を入れるコインケースを分けて持ち歩くのもスタイリッシュでおしゃれです。

このお財布スタイルはここ最近の流行でもあり、各財布ブランドからおしゃれな大人のコインケースが出ています。

ただし財布を二つ持ち歩くことに不便を感じるメンズと便利を感じるメンズに意見は分かれる傾向にあります。個人的にはサッとコンビニに行く時はコインケースだけで行けるので非常に便利だと思います。

カードケースとコインケースがセットのものならよりおしゃれなので、お支払いの時に女性の目にも止まることでしょう。
スポンサーリンク