カジュアルパーティーの服装メンズ版|マナーと着こなし例スナップ

カジュアルパーティーでの服装

カジュアルパーティーに招かれたんだけど、一体どんな服装で行けばいいの!?こうお悩みのメンズが今このページを読んで下さっていることでしょう。

メンズはカジュアルパーティーに招かれることなんてそう滅多にはないでしょうから、いざパーティーに呼ばれると一体どんな服装で行けばいいのか分からなくなってしまいますよね。

そこで、カジュアルパーティーに呼ばれて服装でお悩みのメンズに向けて、カジュアルパーティーに相応しい服装やマナーについて解説していきます。

カジュアルパーティーにオススメの服装のスナップ写真もたくさん掲載しているので、写真を参考にしてカジュアルパーティーでバッチリの服装をチョイスしてみてください。

カジュアルパーティーはカジュアルと言えど、様々な人と接する正式な場です。マナーを知っている大人はやはりあなたの服装を見ています。

ビジネスチャンス、様々な人間との出会いのチャンスをモノにするデキるメンズはやはりカジュアルパーティーでの正しい服装を理解しています。

今回の招待をきっかけとしてあなたもカジュアルパーティーの服装やマナーを知り、パーティーの参列者から一目置かれるようなメンズになってくださいね。


 



服装の基本はジャケパン!

出典:wear

カジュアルパーティーでのメンズの服装はジャケパンが最もオススメで、また基本となります。

ジャケット×シャツ×タイの3つが揃っていれば、カジュアルパーティーではあとはさほど細かいルールはありません。

ジャケットやボトムスにチェックなどのパターンデザインのものを選んでもいいし、原色カラーのものをチョイスするのもいいでしょう。

シャツにギンガムチェックを取り入れたり、タイはニットタイや蝶ネクタイでもオシャレです。

なんせカジュアルパーティーではメンズはジャケット×シャツ×タイの三拍子が揃っているなら、あとは好きにコーディネートした服装で全く問題はありません。


 



ネクタイは必ず必要?

出典:wear

カジュアルパーティーのメンズの服装にネクタイは必須かと聞かれたら、答えはNOです。

カジュアルパーティーであればノータイの服装で参加してもマナー違反ではないし、服装が1人だけ浮くなんていくこともありません。

ただしネクタイなしのジャケット×シャツのみで服装をコーディネートする場合は、ジャケットとシャツの形はオーソドックスなものを選ぶようにしましょう。

例えば最近はノーカラーシャツ(襟の無いシャツ)が流行りでカジュアルパーティーの服装にも使えるアイテムですが、ネクタイ無しであればちゃんと襟のあるオーソドックスなシャツを着た方が無難です。

ジャケットにラフなスウェット素材のものを選ぶのもオシャレですが、その場合はやはりネクタイで少しフォーマル要素をプラスしてあげた方がいいでしょう。

ジャケットがシルクやコットンやツイードでシャツも襟つきであれば、ノータイでコーディネートしてもカジュアルパーティーでは問題無いでしょう。


 



カジュアルパーティーでスーツはあり?

ほとんどのメンズが持っているであろうスーツ、カジュアルパーティーに呼ばれるとスーツを着ていくか悩むメンズも多いかと思います。

スーツでカジュアルパーティーに行くと1人だけ堅い服装で浮いてしまうかなぁ?そう思いますよね。

カジュアルパーティーでスーツはありなのか?答えとしては、パーティーの服装マナー的には問題はありません。実際にカジュアルパーティーにスーツで参加しているメンズも見かけることがあります。

しかし周囲からはやはり少し浮いてしまうことが多く、スーツしか選択肢が無かったんだろうという印象を与えてしまいます。

若いメンズであればまだ良くても、30代以上のメンズとなるとそれは少し恥ずかしいかもしれませんね。

だけどわざわざカジュアルパーティー1回のためにジャケットを購入するのはもったいない!そういうことならスーツを着崩してみるといいでしょう。

夏であればノータイでシャツを着て、その上にボトムスとは違う色のベスト、冬であればジャケットの下はシャツ無しでタートルネックのニットを着るといったところです。シャツのネクタイ代わりにスカーフを巻いていくのもいいですね。


 



真夏のカジュアルパーティーでの服装

出典:wear

カジュアルパーティーの服装を考えるのに1番難しい季節が、どうしても薄着になりがちな夏です。
もちろんジャケパンであればマナー的に問題は無いし、最もカジュアルパーティーに適したオシャレな服装ではあります。

しかし、夏にジャケットなんて着たくない、ネクタイなんて締めたくない、そんなメンズも多いことでしょう。そんなメンズにはクロップド丈のパンツがおすすめです。

夏のジャケパンコーディネートとしてここ数年すっかり定着してきたクロップドパンツ、真夏のカジュアルパーティーではこのような服装のメンズもよく見かけるようになりました。

海外のカジュアルパーティーでこの服装はあり得ませんが、日本独自のパーティー文化では、夏の暑い日であればクロップド丈でもスマートカジュアルの内に入ります。

足首が少しのぞくだけでも相当涼しいので、真夏のカジュアルパーティーに参加するメンズにはオススメです。

また最近ではメンズのジャケットの素材もいろいろなものがあります。夏はできるだけ薄手で涼しい素材のものを選ぶと季節感も出てオシャレです。

出典:zozo


リネンや麻が入った素材のジャケットは特に涼しく、夏らしさも表現できるのでおすすめです。

カジュアルパーティーは結婚式ほどは服装のマナーが厳しくないので、その分個性も出したいところです。夏は他のメンズとはちょっと違う涼し気な素材でコーディネートしてみましょう。

しかしジャケット自体がどうにも暑いので苦手というメンズなら、ジャケットの代わりにジレ(ベスト)を着るのも一つの手です。

ボトムスとセットアップのジレでもいいし、別のものでコーディネートするのもいいと思います。

出典:zozo



 



ジャケパン以外のコーディネート

カジュアルパーティーのメンズの服装ではジャケパンが最も適した服装にはなりますが、ちょうどいいジャケットが無いというメンズもいらっしゃるでしょう。
パーティーだからと言ってジャケットを絶対に着用しなければならないわけではなく、もちろんジャケパン以外の服装でカジュアルパーティーに参加するメンズもたくさんいます。

ジャケット無しでカジュアルパーティーに適した服装ではニット×シャツがポピュラーです。

テーラード向けのパンツにシャツ×ニットのコーデはメンズの定番のカジュアルパーティースタイルです。

ニットは特に形を選ばないし、中にシャツさえ着ていればまとまるので着こなしが非常に簡単です。

ただしジャケットに比べて地味な服装になりやすいという難点があるので、どこかしらにビビッドなカラーを取り入れてみるといいでしょう。

また夏であれば、ジャケット無しでシャツのみのコーディネートもいいでしょう。

ただしトップスがシャツだけのシンプルなメンズの服装は華やかさに欠けやすいので、インパクトのある小物を取り入れてパーティー感を演出しましょう。

例えば鮮やかな色のニットタイや蝶ネクタイをしてみるとか、サスペンダーをしてみるのもパーティー感があってオシャレです。

トップスがシャツだけだと寂しくなりがちだったりビジネスライクになってしまうので、思い切ってちょっと派手な小物を使ってカジュアルパーティー風にコーディネートしてみましょう。

出典:メーカーズシャツ鎌倉



まとめ

ウェディングパーティーやレセプションパーティー、バースデーパーティーに創立記念パーティー、歳を重ねるにつれ様々なカジュアルパーティーに出席する機会が増えます。カジュアルパーティーでは色んな立場の人と接することになります。自分よりも目上の方と接する機会も多く、人生の先輩達はわたしたち以上にマナーに詳しく、服装までも見ています。カジュアルパーティーに相応しい服装を知ることは、大人になる上で知っておくべき情報の一つです。今回のパーティーへのお呼ばれをキッカケに、大人メンズが知っておくべきカジュアルパーティーのマナーを身につけておきましょう。
スポンサーリンク